転職してタクシー運転手になりました

タクシー運転手のタクオニです。隔日勤務。「大手4社」以外の弱小行灯で日々奮闘中。大田、品川、目黒、港区中心。午前中はホテル。午後は羽田空港国際線。青タン以降はその日のノリで。基本的に「流し」はせずに回送メイン。ヌキ7万(1出番)が目標。日々の売上予測と結果、毎月の営業成績をブログとツイッターで公開中。無事故無違反の徹底。オフィスビル攻略が目下の課題。

給料について(その二)

前回は給料についてとタイトルにしながら、タクシー業界の賃金体系についての話に終始してしまいました。

大変失礼いたしました。

これからタクシーを始める方にとって知りたいのは、「毎月いくら稼げるか」という一点に尽きますね。

手取り額は、それぞれ条件がちがうので、総支給額での話です。

1.トップレベルは700万円~800万円

2.ボリュームゾーンは500万円前後

3.200万前後

1のレベルは全体の5%もいないと思われます。このレベルは気力・体力が充実している上にお客を見つける勘やコツを体得している者たちでしょう。

2のレベルは当たり前のようにたくさん存在します。

よく転職先が無いとか、転職して給料が激減したとかの話を聞きますが、実際に私がタクシー運転手として働いてみた感想ですが、はっきり言って給料はとても良いと思います。

総支給額が500万円とすると、月収40万ちょっと。手取り額は人それぞれですが、30万ちょっとにはなるかと思われます。

私も40代の妻子持ちですが、十分に暮らしていけるレベルです。

3のレベルもある一定数存在します。ざっくりと2割くらい存在するような気がします。さすがにこのレベル以下の人たちは退職を促されます。

現実的にこれからタクシーを始める人たちにとっての目標は2の年収500万ではないでしょうか。

毎月12回(または13回)きちんと乗務して、コツコツやっていれば誰でも達成できる年収です。

ストレスが強烈なブラック職場で悩んでいる方は、タクシードライバーへの道も考えてみることをお勧めします。

個別にご相談がある方はお問合せいただいても結構ですよ。

ブログ初心者にて、どうやって質問を受けたり、お返事したりするのかまだよく分かっていませんが、、