転職してタクシー運転手になりました

タクシー運転手のタクオニです。隔日勤務。「大手4社」以外の弱小行灯で日々奮闘中。大田、品川、目黒、港区中心。午前中はホテル。午後は羽田空港国際線。青タン以降はその日のノリで。基本的に「流し」はせずに回送メイン。ヌキ7万(1出番)が目標。日々の売上予測と結果、毎月の営業成績をブログとツイッターで公開中。無事故無違反の徹底。オフィスビル攻略が目下の課題。

JPN TAXIについて

2017年末頃に登場したJPNTAXI(ジャパンタクシー)ですが、早いものでもう2年近くになるんですね。タクオニは相変わらずコンフォートで頑張っております。当初はシートが硬いとか、スライドドアが遅くてイライラするとか、不評も目立ったものの最近すっかり定着してきました。設計が新しい分、当然あらゆる面で快適になっており、ホテルの乗り場から空港行きの場合等、荷物が大きく距離が長いケースは並び順を無視して後ろのJPNを呼ぶケースも最近増えて来ました。流していても自分に手が挙がったと思い勘違いして止まったら、実は後ろのJPNだったというようなケースもよくあります。お前を呼んでねーよみたいな態度で追っぱわれる事もあり、そんな時は本当に情けない気持ちになります。空港ではせっかく先頭に行っても、荷物が積めない、ボロいから後ろのJPNに乗りたいなど(聞こえませんがお客の話してる態度で分かる)自分だけ取り残される事もあります。ここでタクオニの主張ですが、もはやコンフォートとJPNでは待遇格差と言っても良いくらい、営業面での差が大きくなって来ています。私のようにホテル付けや空港での営業メインのスタイルでも感じる格差です。流し専門のドライバーは尚更の事でしょう。私の所属する会社の場合、基本年功序列でJPNが充てがわれています。今後全てJPNにしていく予定という事なので、気長に待っていれば私にも回ってくるはずですが、あまり悠長に待って居られない程、悔しい思いをするケースが増えてきました。収入面では主観ですが、月2〜3万くらいの差が出ているかもしれません。流しのドライバーはそれ以上だと思います。また、衝突安全防止ブレーキ等、安全面でのアドバンテージが大きく、お金には変えられない価値があります。営業中、事故を起こしたら、解雇は当然として懲役もあり得ます。何よりも安全を優先させねばならぬ仕事なのです。そういった仕事において、年功序列で良い車が充てがわれていくのは、疑問というか怒りすら感じます。個人差はありますが、一日中駅出しをテレテレやっているようなドライバーが高齢者には多く、ほぼJPNの優位性は必要無い仕事のやり方です。また、同じような場所でしか仕事をしないため、不慮の事故の可能性も低いでしょう。高齢者だからこそ安全装置が必要という考え方は理解できますが、、ただ損益分岐点売上も超えない駅出しのみの運転手には、まさに豚に真珠と言えましょう。駅出しのドライバーが悪いと言っている訳ではありません。そういうドライバーにJPNを充てがって、流し等、本当に必要な運転手に渡さない会社に文句があるのです。タクオニもあまりにも希望が叶えられない場合、どこかの時点で会社を変えます。タクシーはポータブルスキルなので、どこでも仕事ができますから。他の会社の事情はよく分かりませんが、これだけ担当車によって待遇格差が生まれている訳ですから、明確な基準が無いと運転手からの不満も大きいと思います。ちなみにわが社の場合、導入当初は年功序列。その後は古くなり交換時期が来た車から変えています。何れにしてもJPNやワゴンに更新できない体力の無いタクシー会社は早晩淘汰されるでしょう。

8月度運転日報まとめ

8月度は実車回数が働き方改革以降、初めての増加となってしまいました。

働き方改革3原則を意識して仕事していたつもりですが、目の前の売り上げに目を奪われて、徹底できなかったように思います。歩対営収も昨対14%ダウンとなりました。

売上ダウンについては想定していたことですから問題ありませんが、働き方改革の徹底が不十分な上での売り上げダウンはいただけません。

平均単価が上がってきているのは予定通りです。ECDを取得して3,500円程度に上げていくつもりです。

9月度は初心に帰り、トッププライオリティの無事故無違反を肝に銘じて日々の営業に取り組んでいきたい。

 ※11日は公出です。

8月度 曜日 距離 時間 実車 無線 平均単価 万収 羽田空港 成田
行き
16日 火曜 255 20.5 31 0 1,700 0 5 1 0
18日 木曜 410 21 21 2 3,800 1 3 1 0
20日 土曜 285 20.5 26 1 2,450 0 5 1 0
23日 火曜 365 20 26 1 3,500 1 3 0 0
25日 木曜 370 19.5 36 2 2,350 1 3 1 0
27日 土曜 440 18.5 18 0 4,100 1 5 0 1
29日 月曜 340 19 13 1 5,500 1 4 1 0
31日 水曜 300 20 24 0 2,600 0 2 1 0
2日 金曜 375 21 39 0 2,200 2 1 0 0
5日 月曜 280 19 26 1 2,300 1 7 0 0
9日 金曜 365 21 28 1 2,600 1 1 0 0
11日 日曜 320 20.5 28 0 2,300 0 2 0 0
13日 火曜 300 21 15 2 3,400 0 6 0 0
ave 346 20.1 25 0.92 3,092 0.75 3.50 0.42 0.08

7月度運転日報まとめ

実車回数が前月と比べ更に少なくなりました。羽田での仕事を増やしたのが主な要因です。しかも前月より歩対営収は上がっています。「働き方改革」を順調に進めていると言ってもいいかな。

昨対では20%ダウンと大幅な落ち込みですが、改革に伴う痛みですので、仕方ありません。ECD取得等対策を進めていますので、徐々に売上も上がって行くものと楽観しています。 現在の優先順位は売上よりも無事故無違反で点数を戻すことですから、その原点を忘れないように仕事をしていきたい。

※16日は公出です。

7月度 曜日 距離 時間 実車 無線 平均単価 万収 羽田空港 成田
行き
16日 日曜 285 15.5 18 0 2,850 0 0 3 0
18日 火曜 300 20.5 22 1 2,900 1 0 3 0
20日 木曜 265 20.5 32 1 1,950 0 0 2 0
22日 土曜 330 21 17 1 3,500 1 2 4 0
25日 火曜 340 20.5 17 1 2,850 1 0 2 1
27日 木曜 370 20 32 3 2,450 1 0 0 0
29日 土曜 365 19.5 25 2 2,900 1 2 5 0
1日 月曜 285 20 22 1 2,500 0 0 1 0
3日 水曜 345 21 25 1 3,200 0 2 3 1
5日 金曜 350 21 23 1 3,100 1 1 3 0
8日 月曜 270 20 21 1 3,000 1 1 3 0
10日 水曜 370 20 19 1 4,050 1 0 2 0
12日 金曜 400 20.5 26 2 3,000 2 0 1 0
ave 333 20.4 23.42 1.33 2,950 0.83 0.67 2.42 0.17

6月度運転日報まとめ

働き方改革後の6月度からの運転日報まとめです。

実車回数が依然と比べて随分少なくなりました。

歩対営収は約75万円で2018年6月と比べて13%弱のダウンとなりました。

7月度分も早々に公開する予定です。

また、毎日の出来事はTwitterで、月間成績のまとめやタクシーにまつわるトピックスははてなブログでと使い分けしていくつもりです。

6月度 曜日 距離 時間 実車 無線 平均単価 万収 羽田空港 成田
行き 行き
21日 火曜 220 19 33 0 1,670 0 1 1 0
23日 木曜 310 19.5 31 0 2,290 2 0 0 0
25日 土曜 200 14.5 20 0 2,110 0 1 1 0
27日 月曜 395 19 26 2 3,370 2 2 0 0
29日 水曜 360 20 22 1 3,140 1 1 1 0
1日 土曜 285 20.5 25 2 2,320 0 3 1 0
3日 月曜 340 19 22 1 2,790 1 0 0 1
5日 水曜 234 19 21 1 2,240 0 1 0 0
7日 金曜 482 19.5 20 0 4,250 2 1 1 1
9日 日曜 197 15.5 24 1 1,770 1 0 0 0
11日 火曜 276 20.5 32 2 1,820 0 0 0 0
14日 金曜 363 20.5 21 1 3,550 1 3 3 0
ave 305 18.9 24.75 0.92 2,610 0.83 1.08 0.67 0.17

働き方改革

6月からの職場復帰後、なんとか無事に二か月、無事故無違反ノークレームで終えることができました。

本当は毎出番、きちんとブログをアップしたいのですが、明けの日は休養を優先させているため、なかなか時間が取れません。(※きちんと更新しているお仲間の運転手さんは本当にすごいなと思います。尊敬ですっ!)

2016年の途中からタクシー運転手に転職し、がむしゃらにやった結果、収入は順調に伸びています。

2017年、2018年とも、通常営収では1,000万円を超え、公出の分を加えると、サラリーマン時代と遜色ない収入を得ることができました。

2017年 通常営収合計 1,010万円

2018年 通常営収合計 1,030万円

もちろん、ここから会社にピンハネされる分、各種控除(社会保険、税金、組合費など)を差し引いた分が実収入となるわけですが、そこそこまともなサラリーマンの年相応の収入が得られていると思います。

ただ、朝の8時から夜中の5時頃までほとんど休みなく運転し続けての収入です。

客も選ばず、乗せる場所も選ばず、とにかく乗せられるだけ乗せていましたので、それなりにトラブルもあり、嫌な思いをすることもありました。

仕事ですから、多少のストレスは当然のことではありますが、かなり悪質な客も多く、危険を感じることも何度かはありました。

入れ墨を見せて値切るチンピラ。わざと違う道を指示して、迂回したと因縁を付けられた挙句の乗り逃げした客、目的地をコロコロ変えさせた挙句、なんで家に着かないのかと車内で暴れた客などなど、客商売ならではのストレスを味わいました。

また、行った先営業を心掛け、知らない土地での流し営業も積極的に行っていたため、思いがけない違反も多く、違反点数も危険水域に近づいています。流し営業は客の都合で乗車、降車をするため、その点だけでも事故、違反の確率が上がります。

このようなトラブルを避け、穏やかに、無事故無違反を徹底して仕事を続けていくためには、仕事のやり方を大きく変える必要があると感じています。

長期の休暇を明けてから、

1.基本的に流し(特に繁華街)で客を拾わない。

2.ホテル、空港、オフィスビルの付け待ちのみにする。

3.行った先の地理不案内な場所では営業しない。

以上の3原則に基づいて取り組んでいます。

その結果、通常営収ベースで6月は13%、7月は20%ほど下がりました。

今後はできる限り下落幅を抑える努力をしながら三原則を守り仕事をしていくつもりです。

こんな働き方でどの程度の結果が残せるのか、楽しみながら取り組んで行きたいです。

できる限り進捗を報告していきますので、ご覧になっていただけると幸いです。

 

運転日報5月23日木曜日

 

 

長期休暇明け2回目の運転日報です。

2か月ちかく休んでいたので、想像以上にからだが弱っているのでしょう。

痛恨のミスをしてしまいました。

大森からお台場までの依頼でいつもの通り大井南から湾岸線に入りました。

私が休んでいる間に東関道方面には行けないように変わっていて、なんと大橋ジャンクション経でぐるっと戻る羽目に。

よくよく思い出してみると、大井南の入り口に「東関道方面には行けません。」と書いてあったような。

疲労は危険ですね。本来かかったはずの料金はもらえましたが、一万円ほど自腹で払うはめに。

自腹で払うところがいかにもタクシー業界です。自腹についてはまた別の機会に触れたいと思います。

 

運転日報2019年5月21日火曜日

事情があり、しばらくお休みをしていました。

一昨日から仕事復帰しましたので、今日から日々の営業報告をはじめます。

タクシー業界への転職を考えている方々へ、ごくごくふつうの運転手の日々をお伝えしていきます。

営業回数     :33回

1回あたり平均営収:1,670円

走行距離     :219km

実車率      :64%

kmあたり営収  :252円

総労働時間    :19時間

実労働時間    :14時間半

走行距離が少ないですね。これが今日一番の反省点です。

ロングが少なかったということです。

kmあたり営収はすばらしいです。

これで300km乗せていたとすれば、75,600円となって、素晴らしい結果となっていたことでしょう。

朝から夕方過ぎまで東京は大雨でした。

そんな日はたいてい、あまり数字が伸びない感じを持っています。

朝、大雨の中出勤した日は靴も靴下もビショビショで、早く帰って着替えたいのが人情のような気がします。

タクオニの1出番の目標営収55,000円は達成しましたので、よしとします。

14時過ぎ頃、虎ノ門のアンダーズホテルで降車ご、車寄せに20名以上の列が出来ていました。当日のような大雨の場合、行列しているだろうと予想していましたので、アンダーズに到着する前に回送表示に切り替えておきました。

先頭のタクシー待ちのビジネスマンは、近場移動の雰囲気でしたので、回送表示のままスルーしました。

雨の日の営業は、焦らずともどこにでもお客はいるので、営業効率をあげていくためには、お客の選別が成果を左右します。

ましてや、日本交通様の専用乗り場ですので、協力する義理もありません。

復帰早々、勝手を忘れていることも多く、のんびり調子を戻していきたいと思っています。

尚、トランプ来日の影響か、都内の交通取り締まりが、春の交通安全運動が終わっているにも関わらず厳しかったように思います。

特に横断歩道での歩行者妨害は要注意です。

運転日報の伝え方は試行錯誤してみて、本当にためになる情報をタイムリーにお届けできるよう、努力してまいりますので、読んでいただけると有難く思います。